わかりやすい説明 その3

投稿者: | 9月 23, 2019

コツその3.「相手の予備知識を確認する」

✓説明するときのシチュエーションを意識する
✓メニューを提示する

に引き続いて「相手の予備知識を確認する」作業が重要です。

これをやっていないと、全て話し終わった後にポカンとした顔をされてしまいます。

例えば、iPhoneの説明をする場合、

「iPhoneって名前を聞いたことありますか?」
「iPhoneと聞いてどんなことをイメージしますか?」


などと聞いておくと、

「アップルの携帯電話ですよね。」
「それって美味しいんですか?」


のように返事が返ってくるので、iPhoneの知識をどの程度を持っているかわかります。

そうすることで、この人はiPhone自体の細かい説明は省いて機能にフォーカスして説明すればいいだ、とか、そもそもスマートフォンってなぁに?というところから説明したほうが良さそうだな。
ということが把握できます。

繰り返しになりますが、まず人に何かを説明する前に、

✓説明するときのシチュエーションを意識する
✓メニューを提示する
✓相手の予備知識を確認する


この3つのポイントをおさえてから話の本題に入ると良いです。
つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。