(写経)ゼロから作るDeep Learning 005

投稿者: | 10月 9, 2019

pythonの簡単な予習が終わったので、やっと本題に入ることができました。

【ニューラルネットワークとは】

下図のように、人間の神経回路は「ニューロン」と呼ばれる神経細胞で構成されれています。

ニューロンは、細胞体から伸びる樹状突起と軸索で構成されており、軸索の末端は「シナプス」と呼ばれ、他のニューロンの樹状突起に接続しています。

ニューロンはシナプスを介して電気的信号を受け取り、その信号がある閾値を超えていると次のニューロンへと信号を伝達します(発火)

figure12

ニューラルネットワーク」とはこの人間の神経回路のネットワーク構造を模した情報処理システムのことです。「パーセプトロン」とは、このニューラルネットワークの最も基本的なアルゴリズムです。

x1、x2は入力信号、w1、w2は重み(信号の重要度)を表し、それぞれ乗算されたものがニューロンへと伝達されます。その総和がある限界値を超えた場合に発火することとし、この限界値のことを閾値θとします。(実際にはもっと多くの入力がありますが、ここでは簡単のため2つだけです)
これを数式化すると以下のように表現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。