わかりやすい説明 その2

コツ2.「まずはメニューをしっかり示そう」

例えば患者さんに病状の説明をする時、これからどんなことを説明するか伝えずに話を始めるとどうでしょう。

「今日はどんな話があるんだろう。」
「この前の検査の結果が悪かったのだろうか。」
など常に不安を抱きながら話を聞くことになりますよね。

そこで、話の最初に
「今日は入院中のお病気の経過や、退院後の生活の注意点について説明する予定です。〇〇さんは“今日はこれが聞きたい”というようなことはありますか?」
と簡単にメニューを示し、相手が聞きたいことを確認することで、上記の不安は軽減されます。

病状説明でないにしても、話を聞く相手は何かしら疑問や不安などを持っています。
最初にメニューを示すことで頭の中がクリアな状態で話を聞いてもらえるのではないでしょうか。

つづく

わかりやすい説明 その1

不安定な天気が続いていますが、みなさま体調はいかがでしょうか?
私はガリガリ君を食べすぎてお腹を壊してしまいました…

さて、今日は私なりの「わかりやすい説明のコツ」について紹介したいと思います。

仕事柄、ご高齢の方にお病状の説明や治療について説明することがしばしばあるので、私と同じ専門職の方や営業職の方などの参考になると幸いです。

【わかりにくい説明とは】

日常生活で、人に何かを説明しなければならない時ってたくさんありますよね。
そんな時、上手く伝わらずに歯がゆい思いをしたことやイライラさせてしまったことはありませんか?

わかりにくい説明の例を挙げると、下のようなパターンが多いと感じます。

1,話が長くて結論がよくわからない
2,専門用語が多い・内容が複雑
3,相手の質問(聞きたいこと)に答えていない

このような説明になってしまうと、相手に内容が伝わらないばかりか、興味を持ってもらえなかったり、不信感を抱かせてしまったりします。

 

【わかりやすい説明のコツ】

わかりやすく説明するにはいくつかコツがあります。たくさんあって実践するのは難しい!と感じるかもしれませんが、基本は「思いやりの心」
ではコツについて何回かに分けて一つずつ具体的に見ていきます。 続きを読む

ゼロから作るDeep Learning

PyQでのpythonのお勉強と並行して、Deep Learningをかじっています。
「ゼロから作るDeep Leanrning」を教科書にして写経を始めました。

まだ半分程度しか読んでいませんが、機械学習の基礎・仕組みについて実にわかりやすく解説されています。少しpythonを勉強しているので滞りなく読めますが、全くの初心者でも十分理解できる内容だと思います。素晴らしい本です。

ビットコイン 8月の収支

早いものでもう9月になってしまいました…

2019年8月から軍資金50,000円(こっそり貯めたお小遣い)で始めたBitMEXの収支報告です。
軍資金が多ければ多いほどリスクは小さくなりますが、実践あるのみということで少額から始めました。これまで投資などの経験はなかったのでFXのお勉強をしながらやっています。

9月2日急騰したため9月2日時点ではプラス収支に

レート ビットコイン 日本円換算
9943 USD/XBT 0.1223 XBT 129014 円
8月の収支(9月2日時点) +79014
トータル収支 +79014

PyQその1

「PyQ」のご紹介です。

以前紹介したように、PyQではプログラミングの学習項目ごとに【print()、変数】【計算、if文】【ファイルへの書き込み】などの「クエスト(=単元)」が130個ほど用意されています。

高度な内容のものでは【スクレイピング】【機械学習WEBアプリ制作】【実務でのpython】なども出てきます。

もちろんこのクエストを片っ端からこなしていくのもいいでしょう。

また、python初心者の方はこのクエストをやるといいですよ、といった「コース」もあるので、
自分の目標に合わせて選択します。

一つのクエストあたり30〜40分ほどで完結し、1コース30〜80時間程度です。

利用クエストを開始すると、まずプログラムの「写経」から入り、次いで練習という流れです。

計30時間ほど勉強しましたが、興味深いことに、ずーっと理解できなかったのにある瞬間から急に理解が深まる感覚を経験します。これは、無料のお試し期間では短すぎて実感できないかもしれないですね。イメージとしてはこんな感じです↓

クエスト終了をtweetできるので、始められた方がいらっしゃったら、モチベーション維持のために是非フォローよろしくおねがいします。

ウエストワールドってご存知ですか?

最近、寝る前に妻と海外ドラマを観るのが楽しみの一つです。

これまでメジャーどころの、「ER(緊急救命室)」「ブレイキング・バッド」「24」などを観てきましたが、いまハマっているのは「ウエストワールド」

ワーナー傘下のアメリカの放送局HBOのチャンネルで放映されているもので、現在シーズン3が進行中。ホストと呼ばれるアンドロイドが自我を獲得し、人間に逆襲する話なのですが、これがまぁ豪華な俳優が出演していて、話も上手く作られているんです。2周観ても巧妙な伏線に驚かされますね。

AMAZONのprime会員ならこちらから観ることができます。
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B079VR3R95/ref=cm_sw_tw_r_pv_wb_Dz8pH2BFxzDJe

python事始め

前回、機械学習に強く初心者向けということでpythonの学習を初めたことを記事にしました。

さてどうやって勉強を始めようかと思案したところ、いくつか良さそうなオンラインサービスを見つけました。

  スクール名 料金 受講形態 チャット
サポート
専任
メンター
就職支援 評判 サイト
CodeCamp 47,250円/月 1対1対面 レビュー 見る
TechAcademy 62,000円/月 自習 レビュー 見る
侍エンジニア塾 146,000円/月 1対1対面 レビュー 見る
TECH::CAMP 48,100円/月 自習 レビュー 見る
Aidemy 160,000円/月 自習 レビュー 見る
tech boost
オンライン
通学(渋谷)
144,733円/月 自習 レビュー 見る
DIVE INTO CODE 59,800円/月 自習 レビュー 見る
PyQ 2,980円/月 自習 レビュー 見る

どこも無料体験ができるので、興味があるかたは登録して比較してみるのもいいかと思います。
特に8番目の「PyQ」はpythonに特化したオンラインサービスで、月額2,980円とリーズナブルです(チャットサポート付きは月額7,980円)。

わからないところに関しては、「スタック・オーバーフロー」というサイトでも質問できるので、私は月額2,980円のプランを申し込んでみました。

下のような形でセクションが別れており、プログラミングとは何か〜機械学習WEBアプリ制作まで幅広く学習できます。

次回は内容について簡単に紹介したいと思います。

(2019年10月1日追記)
消費税増税のため、上記スクールの料金が改定されているようです。詳しくは各スクールのWEBをご確認ください。PyQは2,980円→3,040円となっています。

サツキとメイの家

先日、家族で愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内にある「サツキとメイの家」に行ってきました。

子供には事前にとなりのトトロを何回も見せておいたので、実物の家に入ったときは大喜びでした。登れませんが、2階に続く隠し階段もあります。

隣にIKEAがあるので、少し足を伸ばしてみてはいかがですか?

家の外観 中と外を10分交代で見学します
柱が揺れるあそこです
お父さんの部屋もかなり細かく再現されていました メイちゃん手書きのカレンダーもありますね

【サツキとメイの家】
https://www.aichi-koen.com/moricoro/shisetsu/satsukitomei/

暗号資産

暗号資産…スパイ的な何かを感じますが、いわゆる「仮想通貨」のことですね。

今までは大した資産運用などはせず、貯金しかしていませんでした。
というのも、損失を出すリスクがあったからです。

しかし、貯金だけでは天井は見えていますので、本当にやりたいことを達成するためには十分なお金が必要になります。そこで本業以外で資産を増やす方法を考えました。

ギャンブルや宝くじなどの運任せではいけません。そうなると、勉強して勝率を上げることができる資産運用が選択肢に挙がります。

資産運用というと、株式・国債・金・不動産等々ありますが、ボラティリティ(価格変動)が大きい仮想通貨を選択してみました。

bitFlyer、BitMEXに登録したのでブログでも経過を紹介していきます。
また、今勉強中のpythonも併せて、最終的にはbotを自作するつもりです。

【bitFlyer】
https://bitflyer.com
【BitMEX】
https://www.bitmex.com

print(‘Hello World!’)

昨日は雨だったので、少しムシムシしますが比較的涼しい朝です。

タイトルでお分かりの方もいるかも知れませんが、7月から独学でプログラミングを始めて見ました。「python(パイソン)」というプログラミング言語です。

これまでプログラミングに興味はあったものの、日々の業務に忙殺されてなかなか手がつけられませんでした。やっと趣味の勉強時間を確保できるようになり早速はじめたわけであります。

プログラミング言語にはJAVA、C言語など有名なものがありますが、機械学習に強い・プログラミング初心者がとっつきやすいの2点を重視してpythonを選択しました。

このブログでは備忘録的な感じで勉強内容を紹介していきたいと思います。

【python公式サイト(英語)】
https://www.python.org/

【おすすめの本】
私が右も左もわからない状況でとりあえず買った一冊です。
初心者向けによくまとまっているのでおすすめです。
↓